世界の求人研究機関@world-research-institutes

転職やバイトに関する世界中の求人情報を研究する機関のサイトです。

自分の腕で生きていく!カメラマンに転職するメリットとデメリットをご紹介


写真が好きな人なら誰もが一度は夢見る仕事「カメラマン」。

いくら写真を撮ることが好きでも、今の仕事を辞めてカメラマンになる程の実力はないといって夢を諦める人はたくさんいると思います。しかし未経験の人でも、カメラマンに転職するチャンスはあります。

今回の記事ではそのような方に向けて、「カメラマンの仕事内容」や「未経験者がカメラマンになるまでの流れ」、そして「カメラマンの魅力やメリット」などについてご紹介していきたいと思います。

カメラマンへの転職を考えている人は、ぜひこの記事を参考にしていただければと思います。ぜひ最後までご覧ください。
 

 

転職を考える前に知っておくべきカメラマンの仕事内容をご紹介


それではまずはじめに、カメラマンの仕事内容について詳しく見ていきましょう。

<主な仕事内容>

カメラマンといえば「写真を撮る」ことのイメージが強いと思います。

確かにそうといえばそうなのですが、ただ自分が好きな写真をとればそれが簡単にお金になるというわけではありません。例えば企業から「こういう写真を撮って欲しい!」と依頼を受け、その要望通りの写真を撮ることが求められます。

確かにプロのカメラマンの中には、ただ自分が好きな写真を取り、それを買う固定客がいるという人もいますが。それはかなりの例外です。

はじめからそれを狙っていくと必ず失敗するので、まずはカメラマンとしての技術を上げることが大切です。

<企業に勤める?フリーランス?>

カメラマンといっても企業で雇われる人もいれば、フリーランスとして活動しているカメラマンもいます。

どちらもメリットデメリットがあるので、一概にどちらがいいか言い切ることはできませんが、強いて言うのであればフリーランスをオススメします。

なぜかと言うと、報酬面で見たときに同じ仕事量でたくさんもらえるのがフリーランスだからです。

フリーランスでは自分が決めたクライアントだけと仕事をすることができ、報酬も自分で設定することができるメリットがあります。

しかし安定面でいえば企業で雇われる方がオススメなので、安定とお金のどちらを取るかで決めるといいと思います。
 

 

未経験からカメラマンに転職するためには


さて技術が求められるこの仕事ですが、未経験者でもカメラマンになることはできるのでしょうか?

結論から言えば未経験者でもカメラマンになることはできます。というのも、趣味の範囲で写真を撮っている人でも、プロ並みの写真を撮るような人は世の中にたくさんいます。

感情論はあまり説得力がないかもしれませんが、カメラマンになりたいという気持ちがある人だけがなれる仕事だと思います。それでは具体的に、未経験者からカメラマンになるまでの流れを見ていきましょう。

<カメラマンとしてのスキル>

未経験からカメラマンになるために必要なものは、「カメラマンとしてのスキル」と「生活していくためのお金」です。

まずスキルについてですが、よく言われるのが「専門学校に行って技術を学べ!」ということです。確かに専門学校に行けば、より実践的で専門的な知識や技術が出に入るかもしれません。しかし転職しようとしている人が、専門学校に行っている時間やお金があるでしょうか?

専門学校行くことに真っ向から反対するわけではありませんが、私は専門学校に行くくらいならカメラマンのアシスタントから始めることをオススメします。

というのも、専門学校に行くと「自分は専門学校に通ったから大丈夫」という思考に陥っててしまうからです。

専門学校に通ったから必ず技術が身につくというわけではありませんし、最終的には本人の努力次第になります。

世の中には独学でプロ並みの技術を身に付ける人もたくさんいます。時間とお金を使って専門学校に通うよりも、カメラマンのアシスタントとして実践的な技術を身に付けることをオススメします。

 

カメラマンに転職するなら覚悟すること


<カメラマンは体が資本!>

カメラマンは屋内で写真を撮ることだけが仕事ではありません。真夏の炎天下のもと、長時間写真を撮り続けたり、真冬の極寒の中で長時間シャッターチャンスまで待機することもあります。

「自分が好きな時に好きな写真を撮ればいい」という甘い考え方は捨てたほうが良さそうです。

カメラマンに限らず、仕事をする上で体調管理はかなり大切です。厳しいことを言うと、すぐ体調を崩すような人がカメラマンを目指すのは少しむずかしいかもしれません。

<多岐にわたる能力が必要とされる>

カメラマンはただ無言で写真を取るだけではありません。

例えば子供の写真を取ることになれば、その子供とコミュニケーションを取りつつ最高の写真を撮らなければいけません。

ただカメラの技術があるだけでは、プロのカメラマンとは言えないというわけです。

 

カメラマンの魅力や転職するメリットとは


さて先程はカメラマンになることの大変さをご紹介しましたが、カメラマンはやりがいや魅力のある仕事です。

最後にカメラマンとしての仕事の魅力やメリットについてお話ししたいと思います。

<様々な人たちとの出会いがある>

カメラマンは1つだけの場所にとどまって写真を取るわけではありません。

世界中に飛び回って写真を取る人、様々な業界の人たちと関わりながら写真を取る人など、さまざまです。仕事を通してたくさんの場所に行ったり、たくさんの人に出会えるなんて素敵な仕事ですよね。
    

<自分の作品を世に送ることができる>

写真は「風景や人物を切り取るだけのもの」と考える人もいるかもしれませんが、写真の取り方1つで見違えるように写真も変化するものです。

自分が撮った写真で感動してくれる人、笑ってくれる人がいることほど嬉しいことはないと思います。ぜひカメラマンになって、自分の「作品」を世に送り出してください。

 

最後に

さて今回の記事では、未経験者の方や趣味の範囲でしかカメラに興味がないという方に向けて、カメラマンに転職する方法についてご紹介してきましたね。カメラマンとしての仕事の魅力や、カメラマンの世界について少しでもイメージしていただくことができたのではないでしょうか。

「未経験者だから」という理由だけで、簡単に夢を諦めてしまう方はたくさんいますが、可能性はゼロではないということを覚えておいてください。みなさんご活躍を心から願っています。最後までご覧いただき、ありがとうございました。