世界の求人研究機関@world-research-institutes

※当ブログの全記事は、https://www.coper.work/に移転致しました。各記事をクリック頂いた際の移転先URLでこれまでと同じ内容をお読み頂く事ができます。 引き続きのご愛顧の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

毎日が忙しすぎ!元美容師が語る美容師におすすめの転職先とは


現役美容師のみなさんお疲れ様です。

毎日遅い時間までのハードワークに加え、練習会やミーティングなどでヘトヘトに疲れている方も多いと思います。

美容師はお客様のヘアスタイルを整えるだけではなく、ヘアアレンジやメイク、着付けなどの美容全般を施術し、細やかな気配りと接客でお客様を心から充実させる素晴らしい職業ですよね。

しかしその反面、拘束時間や休日、お給料面での不満や、将来家庭を持った場合の悩みを抱えている美容師はたくさんいます。

プロの美容師として活躍していても美容業界以外での転職となると、一からのスタートな上、美容師免許という強い武器が使えないのが現状です。

また、年齢を重ねるごとに新しい職業への転職は難しくなるため、他の業種への転職を考えている方は、しっかりと準備をしましょう。

 

美容師の大変さ!


好きな服装やヘアスタイルでお仕事ができて、華やかで楽しそうな美容師さん。

そんな思いを抱いて美容師になった方も多いのではないでしょうか。

カリスマ美容師という言葉が大流行し、美容師に憧れた方も多いと思います。
でも理想と現実のギャップにがっかりした人も多いのではないでしょうか。

よく言われている美容師が大変だといわれることを見ていきましょう。

アシスタントの下積み時代

現在アシスタントをしている美容師の皆さん、理想と現実に直面して疲れ果てていませんか?
美容師になったばかりの頃は、一日中立っている厳しさに直面します。
そしてなによりも仕事の出来ない自分にイライラと不安を抱き、毎日深夜まで続く練習に体力を奪われる時期でもあります。
カットができるようになるまではお店によっても違い、先が見えない事で辞めてしまう美容師は多くいます。

スタイリスト時代

長いアシスタント時代を乗り越えて、憧れのスタイリストになった時には、自分の技術力や接客力が評価や給料に直結する悩みが出てきます。
指名客を取らないといけないという思いが強くなることで、お客様に対する姿勢や考え方が変わり、アシスタント時代のように美容師を楽しめなくなる方も多くいます。

人間関係の悩み

美容師は気が強い人が多い。なんて言葉を耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。
全員がそうとは限りませんが、毎日のハードワークをこなすには、ある程度の体力と精神力が必要になりますし、自分という個性や感性も大切になる美容師は、意見をはっきり述べることも大切になります。
大きな美容室でスタッフが多いほど人間関係に悩んで美容師を辞めてしまう方も多いです。

勤務時間と給料面

普通の会社員と大きく違うのが、残業という考えがありません。
一応閉店時間は決められているものの、今施術しているお客様が終わった時間が閉店なんてお店がほとんどです。
最近ではしっかりと決めている美容室も増えてきましたが、はっきりとした営業終了時間がわからない事が多いので、予定を立てることは難しいですよね。
その上、けして高給料ではないことも、美容師を続けていくことに悩みと不安を抱く部分になります。

 

美容師から他業種への転職って難しいの?


美容師といえば、美容師免許という立派な国家資格を取得した職業です。

また、他の美容室に転職する際にはカットの技術力や集客力など、美容師としての実力を生かすことができます。

しかし、他業種への転職の場合今までのカットの技術はもちろん、美容師免許という資格までも生かすことが出来ません。
また、美容師免許を取得する際専門学校に通いますが、他業種に転職する場合には高卒扱いになります。

中には中学を卒業してからすぐに専門学校に行く方もおり、その場合には中卒扱いになるため、一般の会社員と比べ社会的地位の高い職業への転職は厳しい傾向にあります。
 

 

美容師の社会的地位って?

社会的地位の高低は、どの職業もはっきりと決まっているわけではなく、個人の考え方になります。

しかし一般的に社会的地位の高いイメージのある、医者や歯科医、獣医師などは大学を卒業し、高度な知識と技術を備え、給料面などの待遇も良い傾向にあります。

一方で美容師とは、最短で中学を卒業して2年の専門学校に通うことで、10代や20代など比較的若い方が多く、給料面でも安定しないことから、社会的地位は低く見られてしまう傾向にあります。
 

美容師からの転職の多い職業はこんなところ!


 美容師での経験を全て生かすことは難しいですが、他業種への転職を望む方におすすめで、美容師からの転職に多い職業をご紹介します。

アパレル、ファッション業界

毎日たくさんのお客様のファッションを見る機会が多く、スタイル撮影ではトレンドのファッションを取り入れた撮影をすることから、アパレル業界への転職をする方は多くいます。
お客様に似合うヘアスタイルを考える事と、お客様に似合う洋服を考えて選ぶアパレル関連への転職は、比較的スムーズにいく傾向にあります。
しかし、いきなり大手のブランドメーカーへの転職はやや難しいので、最初は洋服の販売員などがおすすめです。

美容関連メーカー

美容師としての知識を生かして転職するには、ディーラーなど美容関連のメーカーがおすすめです。
ヘアワックスなどの整髪料からカラー剤などの専門的な知識を必要とするディーラーは、美容師から転職した方も多くいます。
美容師と比べ安定した給料と休みがありますが、一般的に美容室が閉店してから営業や講習会を行うため、終業時間が遅くなる傾向にあります。

事務、オフィスワーク

接客業ということや、美容室の会計業務をこなしてきた美容師に多いのが、受付や事務などのオフィスワークです。
一日中立って仕事をしていた美容師とは真逆の、一日中座って書類整理をこなし、来客の接客をする職業ですが、比較的定時に帰宅できることが多く、安定した給料と休日になります。
オフィスワークといっても様々な業種があるため、しっかりと見極めることが大切になります。

医療福祉

女性美容師に多いのが、歯科助手や医療事務などの業種になります。
特に細かい作業を得意とする美容師は、歯科助手への転職が多く、接客力も生かせる職業です。
特別な資格を必要としない歯科助手ですが、たくさんの機械や器具の名前を覚えなくてはならない為、一からのスタートは少々大変になります。

サービス業

接客術も大切になる美容師は、メニューや店販のアプローチが得意な方も多く、旅行代理店やアミューズメント施設、飲食店などのサービス業に転職する方も多いです。
サービス業界は人材不足でもあるので、比較的正社員としての雇用が見込めます。
美容師同様、人と接するのが好きな方にはおすすめの業種です。

ブライダル業界

美容師の技術力を生かしながらの転職では、ブライダル業界がおすすめです。
ヘアセットや着付け、メイクアップのお仕事は美容師とは少し違うものの、今までの技術や接客をフルに活用してお仕事ができます。
技術を重視するブライダル業界では、元美容師の雇用率も高く、比較的スムーズに入社ができます。
しかし基本的に土日出勤は多くなってしまうので、休日重視の方にはあまりおすすめしません。

ネイリスト

今までのヘアサロンで、ネイルを担当していた方などは、ネイリストへの転職が多くなっています。
特別な資格は必要なく、ネイル検定なども通信などで学ぶことができます。
同じ美容関連という事もあり、比較的スムーズに入社が可能で、残業や休日の練習会などもないのでプライベートを充実しながら勤務ができます。
全くの未経験から始める場合には、ある程度の練習と勉強が必要になるので、ネイルに本気で取り組みたい方におすすめです。

 

美容師からの転職の際の志望動機の書き方は?


他業種への転職を考えた際、1番悩むのが志望動機や自己PRなどの履歴書ではないでしょうか。
それぞれの業種に合わせた志望動機と、美容師としての自分をしっかりとアピールしましょう。

アパレル、ファッション業界

アパレルなどの業界に飛び込む際には、大前提として洋服が好きなことがポイントになります。
美容師でさまざまなお客様のファッションを見てきたことや、スタイル撮影などではトレンドのファッションを取り入れていたことを伝えるのが良いでしょう。
また、アパレルといっても様々な系統の洋服があります。
面接を受けるブランドのどんなところが好きなのかを明確にしておきましょう。

美容関連メーカー

美容関連のメーカーでは、商材などをサロンに紹介する営業や、ヘアカラーや接客などの講習会の開催など、様々なお仕事があります。
どの部門に配属されるかは会社によりますが、美容商材を実際に使用して美容の知識がある美容師は優位になります。
面接を受ける会社の商材を使用したことのある方などは、好きなポイントや様々なサロンに広めたいことなどをアピールするのが良いでしょう。
また、プロの美容師におすすめする訳なので、最新の美容技術や成分などを、美容師以上に勉強しなければいけないお仕事です。
より深く美容について学び、お客様のために知識を広めたい気持ちを伝えましょう。

事務、オフィスワーク

事務やオフィスワークでは、様々な業種があります。
一般事務では社内で必要とする事務業務全般を担当し、書類の作成や来客対応、データ入力など幅広い知識が必要になります。
営業の事務では提案資料の作成や受発注の管理なども行います。
事務やオフィスワークでは、様々な業務が円滑に働くように裏でサポートすることがメインになります。
チームメンバーをしっかりと支え、店舗運営の円滑な業務をバックアップしていくことを伝えましょう。
・医療福祉
歯科助手などの医療福祉業務では、お客様への丁寧な対応と体力、様々な器具や治療の流れを把握することが大切になります。
美容師として細かなサービスと丁寧な接客、体力に自信があることをアピールしましょう。
また、先生をしっかりとサポートし、お客様の治療のお手伝いをしたい気持ちを伝えることも大切になります。

サービス業

サービス業では、一般的にお客様と接する接客業がほとんどです。
美容師として様々なお客様と触れ合い、お客様の求めていることをいち早く気付くことができることをアピールしましょう。
ホテルや旅行代理店など、面接をうける業種によっても異なりますが、お客様と触れ合い、求めていることの手助けをしたいことを伝えるのが良いでしょう。

ブライダル業界

美容室もそうですが、美容室以上に手早さと技術、マナーの知識が必要になる業界です。
結婚式という、人生で最も女性が輝くと言われている瞬間のお手伝いをしたいことを伝えましょう。
ヘアアレンジが得意な方などは、新婦さんに最も似合うヘアスタイルを提供したい気持ちをアピールしましょう。

ネイリスト

お客様にネイルを施術する接客業として、ネイルの技術だけではなく細やかなサービスが大切になります。
ネイルで喜んでもらうだけでなく、リラックスしてくつろげる癒しの時間を提供したいことをアピールしましょう。
ネイルもヘアスタイルと同様、シーズンごとにトレンドが変わります。
最先端のネイルを学べるサロンで働きたいことなど、お店に合わせたアプローチがおすすめですよ。

 

美容師を辞めて変わった6つのこと


美容師を辞めた後の生活を具体的に意識することで、より失敗のない転職へと繋がります。
業種や入社した会社によっても異なりますが、美容師から転職した場合の生活の変化を見ていきましょう。

身体への負担

美容師は立ち仕事が基本になりますが、朝早くから夜遅くまで一日中立ちっぱなしの状態では身体への負担は大きくなりますよね。
また、かがんだ状態や腰を曲げた状態の施術が多く、ヘルニアなど腰痛持ちの美容師はかなりいます。
一時間の休憩どころか、忙しい日には全く休憩を取れないなんてこともありますよね。
そんな状態では自分の身体でもメンテナンスをすることができません。
業種にもよりますが、ほとんどの会社ではしっかりとした休憩時間もあり、健康診断なども会社負担にて行うことができます。

給料

長時間低賃金とも言われている美容業界では、給料面での不満や悩みで転職を考えている方も多くいます。
特に歩合制のお店などは、プロのスタイリストになってからも指名が取れなければ給料は上がらず、毎月安定した給料にならないのは悩みますよね。
営業などの業種では歩合制の会社などもありますが、比較的安定した給料が見込め、残業代などもしっかりと決められているのは嬉しいですね。

休み

美容室は基本的に週一の休みが多く、それに伴い休みも週一しかない美容師の方も多いのが現状です。
せっかくお休みがあっても、練習やセミナー、スタイル撮影などで一日潰れてしまうなんて方もいます。
いくら美容のお仕事が好きだとしても、やはりプライベートの時間や家族との時間は大切にしたいですよね。
土日休みかは業種によりますが、週休二日制で休日に出勤することない職業ならば、お仕事を楽しみながら自分の時間も充実させることができます。

福利厚生

若い頃にはあまり意識しなかった方もいると思いますが、ある程度の年齢になると福利厚生がしっかりと整っていることもポイントになりますよね。
個人サロンなどでは、まだまだ社会保険のある美容室は少なく、負担が大きくなってしまいます。
また、美容業界では退職金という制度がない場合がほとんどです。
転職する会社にもよりますが、福利厚生のしっかりとした会社に入社できると安心できますね。

子育ての支援

女性美容師の方で不安に思うのは、結婚して子供が生まれた後の働き方ではないでしょうか。
パートとして短時間での勤務が可能な美容室もありますが、お子様の急な熱などでお休みをしなければいけない時に、自分のお客様の予約があるとなかなか休みが取れないですよね。
不安なく安心して働くことのできる業種だと、子育て後も働きやすくなりますよ。

定年後

一般企業とは違い、美容業界には定年の年齢は定められていません。
しかし、自分の美容室を抱えているオーナーではなく、雇われている50代や60代の美容師さんを見たことがありますか?
定年は定められてはいませんが、ある程度の年齢になると体力的にも厳しくなる美容師は、オーナーでなければなかなかできないものです。
一般企業では定年退職後も雇用してくれる企業もあり、老後もしっかりとした収入が見込めます。

 

まとめ

お客様の綺麗をお手伝いする美容師というお仕事は、とってもステキな職業です。

しかしそれと同時に、とっても大変な職業でもあります。
高卒扱いになってしまい、社会的地位は低く見られやすい美容師ですが、細やかなサービスと丁寧な接客を得意としているため、様々な業種への転職が有利になります。

美容師として自分を磨いてきたからこそ、幅広い業種への転職に繋がります。

今悩みを抱えている美容師の方は、一歩踏み出してみるのもよいかもしれませんよ。